横浜みなと鍼灸院 整骨院より ツボの意味

2018/04/17
ロゴ

横浜みなと鍼灸院 整骨院より


こんにちは、横浜みなと鍼灸院整骨院 平原です。

今日は、ツボの意味ついてお話していきます。

経穴(ツボ)は体表面にあり、鍼灸施術の点であって全身に存在している。

経穴(ツボ)という場合は経脈(神経みたいなもの)に所属していることが原則で、それ以外のツボとして奇穴や阿是穴と言われる

治療効果が認められるものもある。

ツボは、疾病の際に何らかの反応をあらわす点であり、また治療点でもある。そして経脈(神経みたいなもの)とは機能的なつながりを

持ち、経脈を通じて臓腑と関連があると考えられている。

『即ち経穴とは、疾病の際の反応点であり、診断点であり、治療点である』

経穴を探すには、個体差や経脈の長さが異なり経穴の存在も各人によって違いがある。

探し方は、ランドマークになるポイント(脊柱の指標)などから、その人の指の幅などで測定する同身寸と言われる方法でツボの位置を

決定する。

ツボの作用は、経絡、経穴は、古代中国で経験的に観察、考案されたもので、人体に 気(活力があり、休むことなく活動するエネルギー)

血(滋養、滋潤作用があり精神活動を支える) 営(体内の水分を血に変化させ諸器官を栄養する) 衛(外敵から身体を防衛する)

を循行させる経路であり、これにより生理作用を営むものである。

ツボは経脈上に存在し、臓腑の気のあらわれるところである。経絡は臓腑と体表を結んでおり、その働きや異常は経絡に出、触知できる

経絡の異常反応は虚、実として認識される。鍼灸施術は虚実 補瀉を行って、その異常を調整する(古典鍼灸治療)それは主に経穴を

対象に行う。経穴は疾患が生じている部分だけでなく、遠隔部の経穴に反応をあらわすこともある(現代で言うトリガーポイント又は内臓からの

関連痛)などがこれにあたる。

要するに鍼灸施術は、経絡、経穴に何らかの適当刺激を与えて生体の異和を正常にする事が本質である。

経穴名は十四経発揮では354穴となっているその他、経脈に属していない経穴になっている。


ツボのなかでも特別の機能を持つとされてい要穴と呼ばれるものがある。鍼灸施術は、経穴に刺激し、施灸を行って健康の保持と

疾病を治する医術である。なお施術に当たっては、経穴の選択と刺激の質と量の問題、即ち鍼をするか灸をするか、その刺入の深さ、

施灸の壮数などを決定しなければならない。

経絡、経穴の実体を明らかにするには、形態学的に明らかにする、機能性を証明する等の方法あるが、未だに解明されない部分が多い。

ツボは身体の特定部位にあり、鍼灸その他の適当な刺激を施すと、何らかの有用な生体反応や治療効果があることは、これまでの科学的実験

により証明されている。この生体反応については、神経反射、ホルモン分泌、血液や血管の示す反応、疫学的な反応等が幾多の研究者によって

発表されており、再現性もある。しかしながら、形態学的に未だその存在を証明されていないのが現実であるいずれにせよ、機能があるものには形態

が存在するのである。

現代医学的研究

①皮膚電気特性点


1皮電点:内臓疾患のあるとき、これに相当する皮膚分節の皮下に直径0.5ミリ程度の通電抵抗の減弱する点があらわれる、これを皮電点という。

皮電点は肉眼で見ることが出来ず皮電計によって検出する。


2良導点:一定の疾患に際して、皮膚上の一定部位に通電抵抗の低いところが出現する。これはある系統を示し、この系統を良導絡という。

通電抵抗の低いポイントを良導点という。良導点を連ねたものが良導絡である。これらは、経絡とよく似ている計14系統あるという。


経穴の実体を明らかにすることは、科学(医学)としての鍼灸学が存在するのに必要であり、有効性を証明する基礎であるから、現代医学的意義もここにある。

◆施術する際は、完全自費施術もしくは、保険施術の併用施術になります。


横浜みなと鍼灸院 整骨院

〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町6-79アブソルート横浜馬車道2F

TEL&FAX:045-325-7456

診療時間■平日/午前9時~13時・午後14時~19時 土曜/9時~15時

休診日   ■日曜・祝日

《時間外予約も受付けておりますのでご相談ください》